« 2月例会ご案内(2) | メイン | 山本代表の著書を題材にしたテレビが放映されます »

2006年01月23日

2月例会ご案内(1)

2月の例会は、2月20日(月)に開催いたします。
講師には、株式会社イムラ封筒監査役であり、経済アナリストとして著名である北川宏廸氏をお招きして、現在の小泉構造内閣の改革について具体的に発表していただきます。

内閣府は1月13日に、日本経済の決算書に当たる2004年度の国民経済計算の一部を発表しました。それによりますと、04年の一人当たりの名目国内総生産(GDP)は3万5922ドルとなり、04年の日本の名目GDPは4兆5882億ドルとなり、米国に続いて2位であります。
又、政府は18日に決める経済財政の中期見通し「改革と展望」で、デフレ脱却や構造改革の進展で名目成長率は3.2%まで上昇。国の政策経費を2割(約15兆円)減らせれば増税なしでも基礎的財政収支が2011年度に黒字に転換すると見通しを明らかにしました。
 
小泉内閣では、経済構造改革の最大のテーマである財政構造改革の「入口改革」であった郵政民営化法案が、国民の圧倒的支持を得て成立したのを受けて、現在、財政資金の「出口改革」である<4つの制度改革>が、進められております。
すなわち、
① 公務員の「総人件費の削減・定員の純減」をめざす公務員制度改革
② 政府系金融機関の「統廃合」をめざす政策金融改革
③ 医療機関の「診療報酬」の見直しをめざす医療制度改革
④ 国と地方の「税配分」を見直す三位一体改革
であります。
これは、かたちの上では経済改革ですが、実は、大変な「政治改革」である、と言えます。言い方をかえますと、国民の選択の問題だ、ということであります。
 
今回、北川宏廸氏から、具体的事例として、特に③の「医療制度改革」の問題に焦点を当てながら、小泉構造改革が、日本の経済の、“どこを、どのように”改革しようとしているのか、その改革の“論理と道筋と手法”につき、具体的に発表をしていただきます。
日本の今後の経済がどのように進展していくのか、ぜひ2月の発表を今後に生かしていただきたく、ご参加をお待ち申し上げます。


1. 日時 平成18年2月20日(月)
  6時集合(食事を用意しています)
  6時15分より山本紀久雄代表の時流講話
  経営ゼミナ−ルは6時半開始8時半終了予定
   
2.場所 東京銀行協会ビル内 銀行倶楽部 4階3号会議室
     千代田区丸の内1−3−1 Tel:03−5252−3791
     東京駅丸の内北口より徒歩5分(皇居和田倉門前)

3. テーマと講師
    「小泉構造改革—医療制度改革の核心を明かす—」
     株式会社イムラ封筒監査役・経済アナリスト
     北川宏廸氏

略歴
北 川 宏 廸 ( キタガワ ヒロミチ )
( 1940年(昭和15)10月25日 生まれ )
1963年(昭和38)3月  慶應義塾大学経済学部卒業
1963年(昭和38)4月  株式会社日本興業銀行入行
1985年(昭和60)1月  ジャパンライン株式会社(現商船三井)社長室長
               (出向)
1989年(昭和64)1月  株式会社日本興業銀行日本橋支店副支店長
1989年(平成元年)4月    同   行   池袋支店長
1992年(平成4) 6月  興銀リース株式会社 常務取締役
1996年(平成8) 6月  八重洲リース株式会社 代表取締役
               (興銀リース関係会社)
1998年(平成10)6月  永和地所株式会社 取締役社長
               (興銀関係会社)
2001年(平成13)4月  株式会社イムラ封筒 監査役 (現在)
2001年(平成13)6月  スターテング工業株式会社  (現在)


* 会費  オブザーバー参加の方は、当日会費として1万円をご用意下さい。
* お問い合わせ 
出欠:編集工房 代表 田中達也(048−473−7293)
 《平成18年度より、上記に事務局が変わりました》
  その他は金子 ぬりえ美術館内(03−3892−5391)まで  

投稿者 lefthand : 2006年01月23日 10:00

コメント